Girl eve がるいべ

2015年 注目イケメン&美人 DJ特集♪

LINEで送る

今年も残り1か月とちょっとになりました。この時期はカウントダウンまで楽しいイベントが盛りだくさん♪そんな時期にがるいべの中の人の独断でイケメン&美人DJ特集をしてみたいと思います☆
音楽は詳しくないけど、好きだし遊びに行きたい~♪というぐらいの中の人が選ぶので、DJさんの選曲は『好き』程度で○○○○で○○○な~とか専門的な事は中の人には求めずぜひ聴きに行って確かめてください!(笑)
そんな感じでスタートです!

1.DJ QP

DJQP

今回紅一点となりました!女の子DJさんで一番大好きなDJさんです♪まず見た目かわいい。雰囲気かわいい。選曲ステキ。コーディネイトもかわいい!と女の子が憧れる要素満載なQPちゃん
そしてそして本当に顔小っちゃーい!と何度となくお見かけした時は本当に騒ぎたかったです(笑)
Clubで遊ぶ女の子たちの見本と行っても過言ではないQPちゃん。ぜひイベントもチェックしてみてください♪

PROFILE
Minimal techno、Tech House、Deep Houseを中心としたPlay Styleを駆使し。ハイブランドのレセプションやファッションショーの音楽演出、企業のローンチパーティーから毎週末のアンダーグラウンドギグまで、その持ち前の華やかさとSENSEで、イベントをROCK。また音楽活動に加え、ファッションモデル/エヴァンジェリ ストとしても様々なメディアに登場し、バックヤードでの認知を獲得している。近年『Hotel Costes』 プロデューサー “Stephane Pompougnac” や、『So, Happy in Paris?』オーガナイザー “DJ Michael Canitrot”などの海外ビッグネームとも多数競演を果たす。2012年、日本人女性DJとしては初のスペインIBIZA “Privilege”での2ヶ月間に及ぶ長期レジデントがブックされ、シーンのからの指示も急騰。全国各地はもとより、海外からのゲストオファーも急増中。また2013年11月6日には自身初となるオフィシャルMIX CDも「SONICA」をRerease!!レジデントPARTY「SONICA」を各月でAIRにて開催。更に2014年には自身初となるアメリカ・ネバタ州の砂漠で行われているBurningMan2014にてDJをこなし、国内外ともに今後の活躍が注目される。
WebSite
Facebook

2.Yamato

yamato

 

ものすごく好きなDJさんです。ぜひインタビューさせてくれないかなーとか思っています(笑)
様々な有名イベントで活躍されているのでご存知の方も多く、今年の春このPVを目にした方も多いかと思います。
来年はもっと聴きにいきたいな~とか個人的にも思ってたりします。

PROFILE
「burn WORLD DJ CONTEST 2013 JAPAN」優勝。
その後スペイン/ イビサ島で行われたburn Studios Residency に日本代表DJ として参加、ここでスェーデン出身のTOP DJ / AVICII の目に止まり共演者に指名される。その舞台はハンガリー/ ブダペスト、AVICII の直後に同ステージでプレイし、日本人初の共演を果たした。
帰国後、SUMMER SONIC 2013 に初出演し、同年10 月MADEON のウォームアップDJ や12 月ROAD TO ULTRA JAPAN、翌年2014 年1 月/electrox@ 幕張メッセなどに出演する。
この1 年で着実にキャリアアップし、5 月にはイギリス/ マンチェスターの人気クラブサンキースに招かれメインフロアにてプレイをし、ヨーロッパでの活動で好スタートを切る。
同5 月にはAFROJACK の東京公演、8 月には幕張メッセにて開催されたSONICMANIA に出演し超満員のフロアを朝まで盛り上げた。
またSONICMANIA の同じステージに出演したDESTRUCTO とはその前日に香港のW ホテルで行われたDROP THE BEAT with HARD にも共に出演し、2 夜連続の共演を果たす。
9 月には第一回目となるULTRA JAPAN へ出演し国内で開催される大型フェスにたて続けに出演を果たす。

フェスやクラブでのパファーマンス活動と並行して楽曲制作活動も展開し、11月にはZEDDのヒット曲”CLARITY”のボーカリストとしても知られる英国のグラミー受賞シンガーソングライターFOXESのシングル曲のリミックス”GLORIOUS (YAMATO REMIX)”を発表。
2015年1月にはオランダの人気レーベルSPINNIN’ RECORDSの楽曲をMIXした初のMIX CD “SPINNIN’ IN THE MIX mixed by YAMATO”、そして自身初となるオリジナル楽曲として“FEEL YOUR LIGHT Feat. MATT CAB”をたて続けにリリース。
繊細かつ攻撃的なサウンドで更なる注目を集め、活動の幅を広げる。

2015年は2回目の開催となるELECTROXに2年連続の出演を果たし、MIX CDのリリースパーティを全国主要都市で開催するなど国内のみならず海外各地でのイベントへの参加が今後予定されている。
Pioneer 機材の機能をフルに活用したテクニカルで躍動感溢れるDJ スタイルが見るものにインパクトを与えている。
Website
facebook


【出典】Yamato

3.DELTAZIA

DELTAZIA
がるいべ一押し若手DJの中で1.2を争う.DELTAZIA。見た目普通にイケメンですが選曲・中身も味があって面白いです。
彼の出演するイベントに行くととりあえず必ず楽しめるという脅威のDJさんでもあります。
これからがるいべが注目して追って行こうと思ているDJさんです。

PROFILE
ギタリストとしてバンド活動を経た後、2012年よりDJとしての活動を開始。
block.fmの公式パーティ「The Block Party」、OFF THE ROCKER&VERBALによる「RAD」など、都内有数のBIGパーティにレギュラー出演。2014年夏には約3,000人を動員した「泡フェス」のメインステージオープニングアクトを務めた。
Techno、Electroを軸に現場で培った選曲でフロアメイクするのはもちろん、ラウンジで空間演出にこだわった選曲も得意とする。2015年より新進気鋭のレーベルPlay decibelに加入し、活動の幅を広げる。
Website
facebook

4.hiroshi kinoshita

hiroshikinoshita
今年のがるいべにおいて彼を外しては語れません。hiroshi kinoshitaはがるいべでサイトを開設して間もない頃にインタビューさせて頂き一気にPVを稼ぎ出したツワモノイケメンです。世の中こんなにイケメンに対してあたりが強いのはこういう現象が起こるからなのか。と、ものすごく納得させて下さった方でもあります。
見た目がかっこいいだけじゃないんですよ。インタビューもまだ慣れず不手際がたくさんあったにも関わらず怒らず真摯に教えてくださるとても素晴らしい方なのです。
そして、選曲は中の人が大好きなものが多いのでお勧めですよ。(見た目や性格だけじゃなくて音もイケメンです)

PROFILE
2009年に渡英した際HOUSE MUSICと出会い、2010年秋に帰国。帰国後わずか半年で自身のパーティーを立ち上げるだけなく、DJとしても活動を開始する。2012年には活動の拠点を地元福岡から東京に移し、新人ながらAIR・VISION・asia・WOMB・ageHa・moduleをはじめとする東京の主要クラブから都内の野外イベント・フェス・ビーチハウスなど、場所を問わず様々な現場でプレイしている。また2014年1月から、自身にとっては都内初のPARTYとなる”the SESSION”を恵比寿BATICAにて始動。不定期開催のパーティーではあるものの、そのクオリティーやDJのブッキングの意外性が話題を呼び、vol.1は0時台からクローズまで2つのフロアが常に人で溢れかえるほどの盛況ぶりであった。DJのスタイルはHouse, Deep Houseを軸に、時折Indie Dance, Tech House, Progressive House, Disco等を織り交ぜながらオーディエンスや空間を意識した選曲が特徴である。
clubberia
インタビュー記事はこちら

 5.shun

shun

NORISHIROCKSでも活躍するDJ shun。さまざまなイベントで活躍する中一番印象深かったのは去年のBIGJOINT!
サックス演奏者の横田寛之(ETHNIC MINORITY soloist)さんとのセッションを行い、お客さんがみな踊るように盛り上げた彼のプレイはとても楽しかったのです♪
今年もBIGJOINTに登場と今から楽しみにしています。

PROFILE
2010年よりDJ活動を始め、都内各所のビッグパーティーに出演。テクノ、エレクトロを基盤としながら、フロアに合わせたオールジャンルな選曲を心がけている。DJに限らずパーティー運営、ディレクションなど裏方としても活動中。

6.Gullet

Gullet

彼もまた普通にイケメンです。すごくイケメンが普通になってしまうのがDJさんの怖いところです。
もう、なんていうかDJってイケメンがデフォなんじゃない?とこの記事を書いていて思っています。
彼の選曲はとてもゆったりした気分で聴いていたことが多く、また後日かけていた曲が~と話すと『これですよ~』とリストをくれたりとですね。なんですかね、見た目のいい人は中身も優しいんですね。ほんとびっくりするぐらい親切に教えていただきました。
現在、愛知に行かれ東京でプレイすることも減られたので残念ですが、また東京でプレイするときはぜひ見に行きたいです♪

PROFILE
エレクトロ音楽の表現をする機材を探している中DJと出会い、3FAITHS DJ SCHOOLに入校したのをきっかけにクラブでDJを始める。
音楽に対する姿勢とDJプレイはとにかく繊細なところがあり、何より音楽を掘る段階から現場でプレイするまで楽しそうな表情を見せ、とにかく幅広いジャンルを持つ。
また、場の空気を嗅ぎ取る鋭い嗅覚の持ち主でもあり、シーンに合わせた選曲は定評がある。
Houseを中心にDJ活動に様々な場所でDJ活動に励む。
2012年11月から渋谷代官山AIRのイベント「Broad」にてレギュラーで出演していた。
iFLYER
mixcloud

7.Afromance

afromance_2

今回ランダムにDJさんたちに『〇〇さんてイケメンですか?』とメッセしてみたんですよ。

どんな反応があるかなって。基本DJさんたちにスルーされ、全く関係ない返事が来る中
『痩せたらイケメン』と返信してくれたのはアフロマンスさんただ1人!!
もう、これは載せなきゃですよね。痩せたらイケメンのアフロマンスさん(写真は痩せたらじゃなくて小っちゃくなっちゃった)
そう。痩せたらイケメン素敵ですね。そう痩せたら…
ぜひ、来年は楽しいイベントを作りながら痩せてイケメンになったアフロマンスさんを楽しみにしましょう♪

PROFILE
アイディアで新しい体験をつくりだす、パーティークリエイター。
2012年、都内初の”泡パーティー”を主催し、わずか2日間で3000名以上の応募が殺到し話題に。さらに、”泡パ”と称してブランドを確立し、野外での”泡フェス”や、1日で1万人のエントリーが殺到する”バブルラン”の立ち上げなど、泡ムーブメントのパイオニアとして名を馳せる。
また、アメリカ ネバタ州の砂漠のフェス”バーニングマン”の日本リージョナルイベント”バーニングジャパン”の主催や、平日の朝に踊って出社する”早朝フェス Morning Gloryville Tokyo”の企画、”1/26 アフロの日”の記念日制定や日本での”ノーパンツデー”のローンチ、2015年は街中を巨大ウォータースライダーに変える”Slide the City”の主催など、活動は多岐に渡る。
クリエイティブチーム”Afro&Co.”や、早朝フェス主催ハッピネスアーキテクトとのクリエイティブユニット”Afro&Mo.”などの名義でも活動。

Facebook:
Twitter:
Instagram:
インタビューはこちら

いかがだったでしょうか?
また、『俺のほうがイケメンだ!』というDLさんがいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください♡(info@girleve.com)

以上、イケメン&美人DJ特集でした!

LINEで送る